学生が即日借入するためのやり方とは?

大学生や専門学校の学生の中にはアルバイトをしている方も多いでしょう。毎月のお小遣い以外に誰にも意見されることなく自由に使えるお金を作るには、自分で稼ぐしかないからですよね。

 

それでも学生の本分でもある勉強をしたり、サークル活動や友人との付き合いをしながらアルバイトをする訳ですから、それでも時にはお金が足りないということもあるでしょう。

 

そんな時に頼りになるのが金融機関で利用できるカードローンなんです。
【参考:学生が即日融資を受けるための条件とは?
【参考:ファイグー

 

学生でも即実借入できるカードローンはなに?

学生の方がカードローンを利用するとき、まず年齢制限について注意しなくてはなりません。

 

銀行や消費者金融のカードローンを利用する場合、年齢が20歳以上である必要があるからです。

 

満20歳以上の学生の方が即日で借入したい時、おすすめサービスの大手はいかに上げるものです。

  • プロミス
  • アコム
  • モビット
  • アイフル
  • ノーローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン レイク
  • 三井住友銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン(楽天銀行口座を持っている場合)

  • みずほ銀行カードローン(みずほ銀行口座を持っている場合)

などがあります。
消費者金融は即日融資への対応に優れているため、即日借入したいという時にも頼れる金融機関と言えるんです。

 

また銀行カードローンで即日借入するなら、申込みの銀行に預金口座を持っていなくても可能な場合と、預金口座やキャッシュカード・郵送されるローンカードが必要な場合とに分かれます。

 

そのため銀行カードローンを利用する場合の即日借入の可能性は、それぞれの銀行により異なっているんです。

 

学生が即日借入するために必要なことは?

金融機関でカードローンを利用するためには、20歳以上であることの他にアルバイトなどで安定した収入があることです。

 

この場合、年収の金額の多い少ないを気にする方もいると思いますが、気になる方は少額融資がメインとなっている消費者金融を利用することをおすすめします。

 

もちろん銀行カードローンでも「アルバイトなどで収入があれば学生も利用可能」となっていますが、実際には低金利でお金を貸しているため、もともと厳しい審査となっている上に学生という属性であることでも、必ずしも利用に向いているとは言えないんですよね。

 

審査に通らなかったらどうしたらいいの?

学生の方が初めて借入をする時、初めに申込みをしたキャッシングサービスの審査に通らなかった場合、どうしたらイイのでしょうか。

 

その答えとしては、

  • もう1つだけ他のキャッシングサービスに申込みしてみる
  • 親や友人に借りる

のどちらかしかないかも知れません。
一般的に1か月に申込みする数として無難なのは「2つ」と言われていて、それ以上の数となると「申込みブラック」となり、その後6か月間は審査に通り難い状況になってしまう恐れがあるんです。

 

またどうしてもお金が必要ということならば、親や友人に借りるのもお金を作る1つのやり方と言えるでしょうね。

 

ただし無利子で借りられる可能性は高いですが、一言意見をされたり、その後の関係が微妙になる可能性もあるので、それもまた要注意と言えますよね。

 

どんなに困っていてもヤミ金からの借入はダメ!

学生の方がカードローンでお金を借りる時、審査で厳しい結果になる場合もあります。

 

その理由として学生であることは大きいですが、今まで一度もお金を借りたことがないという「ホワイト」の状態であることも挙げられます。

 

返済の延滞などによる「ブラック」の状態では殆ど借入は難しいですが、借入と返済の履歴のないホワイトについても判断が難しいところとなるんです。

 

そんな時、ブラックやホワイトでも借入できるヤミ金で借りたくなるかも知れませんが、助かるのは借りた時だけであり、その後は法外な利息の支払いと、延滞時には怖い取立てが待っていると覚悟しておく必要があります。

 

ですから、どんなにお金に困っていてもヤミ金から借入するのは絶対にダメと言えるんです。