個人事業主も即日で借入できるの?

生活費の不足で困るのは、サラリーマンや学生、主婦、フリーターの方だけでなく、個人事業主や自営業の方も同じですよね。

 

サラリーマンやアルバイト・パートの方であれば勤務先の経営状況が悪くなった場合、最悪の場合には転職して勤務先を替えるという方法もありますが、個人事業主や自営業の方の場合だと簡単に状況を変えることは難しいでしょう。

 

経営が不調で取引先への支払資金が捻出できない時には、信用を失うよりも金融機関から借入して支払いする方がメリットが大きい場合もあるでしょう。
【参考:個人事業主や自営業でも今日すぐ借りられる即日融資

 

個人事業主や自営業者が即日借入する方法

個人事業主や自営業者の中には「即日で借入したい、そもそも金融機関での借入は可能?」と不安になる方もいるでしょう。

 

サラリーマンやパートなどとは違い、経営状況により収入が安定しない可能性もあることから、自営だと審査で不利になるかも知れないと心配してしまうかも知れません。

 

実際には、自営であっても定期的な収益があれば金融機関からの借入は可能です。ただし、年収や経営の年数など属性のチェックが厳しい銀行カードローンよりも、審査基準の甘い消費者金融がおすすめとなります。

 

消費者金融ならば銀行より個人事業主や自営業の方でも審査が通りやすいですし、即日の借入にも期待が持てます。とにかく今日中にお金が必要という時には、大手の消費者金融1社に絞って申込みしてみると良いでしょう。

 

自営者カードローン・ビジネスローンもおすすめ

【参考:ビジネスローンランキング

 

個人事業主や自営業の方でも、個人の借入れとしてカードローンなどでお金を借りることができますが、会社の経営者としてビジネスローンからお金を借りることも可能です。

 

消費者金融で借入する場合、個人の生活費などだけでなく会社の資金にも利用できますが、それだけでは足りないという時には、自営者カードローンやビジネスローンもおすすめです。

 

ビジネスローンは多くの金融機関で利用できるようになっています。

 

ビジネスローンが利用できる金融機関(一例)

業種別 金融機関名 ビジネスローンの名称
銀行 三井住友銀行

ビジネスセレクトローン
(→三井住友銀行HP 中小企業向け融資」

ジャパンネット銀行

ビジネスローン
(→ジャパンネット銀行HP「Yahoo!ショッピング・ヤフオクストア向けローン」

消費者金融 プロミス

自営者ローン
(→プロミスHP「自営者カードローン」)

アイフル

事業サポートプラン
(→アイフルHP「事業サポートプラン(無担保ローン)」

クレジットカード会社・ローン会社 オリコ

事業融資・ビジネスローン
(→オリコHP「法人・個人事業主向けローン」)

ビジネクスト

ビジネスローン
(→ビジネクストHP「事業者ローン」

ビジネスローンは、銀行や消費者会社、クレジットカード会社、ローン会社などで取扱っている事業者専用ローンであり、個人向けのローンとは区別されています。利用には個人向けローンにはない条件もあるため、事前の確認が必要です。

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」
大手銀行の三井住友銀行では、ビジネスセレクトローンが用意されています。最大1億円という利用限度額は、多額の事業資金を捻出したい自営業者の方には魅力と言えるでしょう。

 

ただし、Web完結で申込みすることはできないため、手続きには店頭への来店が必要になります。

 

ジャパンネット銀行「ビジネスローン」
上記でご紹介したビジネスローンで最も特徴的となっているのが、ジャパンネット銀行のビジネスローンです。融資対象となるのは、Yahoo!ショッピングまたはヤフオク!への出店歴があるなどの条件を満たしている人に限られているため、ネットショップ運営以外の自営業者は利用することができません。

 

プロミス「自営者カードローン」
大手消費者金融のプロミスでは、総量規制の例外貸付けとして自営者カードローンが利用可能になっています。利用限度額は個人向けローンよりも低くなっていますが、即日融資も可能(状況により翌営業日以降の融資になることもあります。)であることや、利用限度額の範囲で出し入れ自由であり、通常のカードローンのような使い勝手の良さがメリットと言えます。

 

自動契約機からでも契約可能になっているので、誰にも会わずにビジネスローンを利用することもできるのです。

 

アイフル「事業サポートプラン」
アイフルには不動産担保型のビジネスローンもありますが、無担保型の事業サポートローンもあります。通常のカードローン金利よりも低金利で借入できることがメリットであり、個人事業主の場合にはカードローンの利用が可能です。

 

総量規制の例外貸付けとして年収の3分の1を超える借入があっても申込みできますし、最短即日での借入も可能になっています。

 

オリコ「事業融資・ビジネスローン」
クレジットカードの発行に加えて、割賦販売のローンの取扱いも行っているオリコでは、個人だけでなく事業者向けのローンも用意しています。オリコの事業融資・ビジネスローンは、カードが発行されてカードローンのように使えるタイプと、証書型のその都度の契約が必要となるタイプの2種類があるのです。

 

年収の3分の1を超える借入も可能なため、事業収入が少ない場合も申込みすることができます。

 

ビジネクスト「事業者ローン」
ローン会社のビジネクストの事業者ローンは、最大1,000万円までの利用が可能になっていますが、金利は消費者金融と同水準になっています。カードローンと通常のローンの2種類があり、カードローンであれば来店不要での申込みも可能です。

 

年会費や保証料、その他事務手数料も無料なので安心して申込みできます。

 

ビジネスローンのメリットとは

銀行や信用金庫・農協・労金などでは対象外となっていますが、消費者金融やクレジットカード会社などでは総量規制により年収の1/3までしか借入れできません。

 

ただし、ビジネスローンの利用ならば「総量規制の例外貸付け」に分類される契約となるため年収の1/3を超えても借入可能です。(参考:日本貸金業協会HP「総量規制が適用されない場合について」

 

ビジネスローンは総量規制の例外となっているだけでなく、個人向けローンと同様に無担保・保証人なしで借入できる場合も多いです。

 

大手の消費者金融ではビジネスローンであっても、最短即日借入も可能になっているので、急ぎの場合には申込みしてみると良いでしょう。

ビジネスローンのメリット

  • 総量規制の例外貸付けにより年収の3分の1を超える借入も可能
  • 担保が不要な場合が多い
  • 保証人なし
  • 消費者金融のビジネスローンなら即日融資も可能