個人事業主も即日で借入できるの?

生活費の不足で困るのは、サラリーマンや学生、主婦、フリーターの方だけでなく、個人事業主や自営業の方も同じですね。

 

勤め先の会社やアルバイト・パート先の経営状況が悪くなれば、最悪の場合は転職やアルバイト・パート先を替えるという方法もあると思いますが、個人事業主や自営業の方は自分で経営をしているためそうもいかないと思います。

 

経営が不調で自分の生活費も捻出できないという時、支払いができなくて信用を失うよりも金融機関から借入して支払いをする方がメリットが大きい場合もあるでしょう。
【参考:個人事業主や自営業でも今日すぐ借りられる即日融資

 

個人事業主や自営業も即日借入できる方法

個人事業主や自営業者の中には「即日で借入したい、だけどそもそも金融機関で借入は可能?」と不安に思う方もいると思います。

 

サラリーマンやパート・アルバイトの方とは違い、経営状況により収入が安定しない可能性もあることから、審査では不利になるのでは?と心配する個人事業主や自営業の方もいるでしょうね。

 

それでも定期的な収益があれば、金融機関からの借入は可能なんです。もっとも、年収や経営の年数など属性のチェックがキビシイ銀行カードローンよりも消費者金融の方がおすすめとなります。

 

消費者金融ならば個人事業主や自営業の方も利用可能であり、即日の借入にも期待が持てますので、とにかく今日中にお金が必要という時、大手の消費者金融1社に絞って申込みしてみると良いでしょう。

 

 

 

自営者カードローン・ビジネスローンもおすすめ

【参考:ビジネスローンランキング

 

個人事業主や自営業の方が消費者金融で借入する場合、個人だけでなく会社の資金にも利用できますが、それだけでは足りないという時、自営者カードローンやビジネスローンもおすすめです。

 

ビジネスローンの解説をします。

  • 銀行
  • 消費者金融
  • クレジットカード会社・信販会社

などで取扱っている事業者専用のローンであり、個人向けのローンとは区別されています。

 

そのため銀行や信用金庫・農協などでなく、消費者金融やクレジットカード会社などでは通常「総量規制」により年収の1/3までしか借入れできませんが、ビジネスローンの利用ならば総量規制対象外となるので、年収の1/3を超えても借入可能です。

 

ビジネスローンの特徴は総量規制対象外となるだけでなく、

  • 無担保で借入可能
  • 保証人は不要

と個人向けカードローンと同様になっているんです。

 

大手の消費者金融ではビジネスローンであっても、最短即日借入も可能になっているので、急ぎの場合には申込みしてみると良いでしょう。