即日借入したい!でも審査が心配

引越し費用が足りない、冠婚葬祭でまとまったお金が必要、会社の歓送迎会の会費が用意できないなど、お金が足りなくて困ることは多いですよね。

 

足りない費用を金融機関から借入することで何とかしたい、更には即日で借入したいという時にもキャッシングは便利なんです。

 

そんな時、1つだけ心配なことがあると思います。
それは借入の申込み後に実施される審査に通ることができるかということでしょう。

 

お金を貸す金融機関では、必ず返済してくれる人にしか融資はできません。そのため審査なしでお金を借りる流れはないことは確かですよね。

 

ココでは審査について説明をしていきたいと思います。
【参考サイト:キャッシング審査で即日融資

 

審査ではどんなことについてチェックされる?

審査でチェックされることは大きく分けると2つあり、

  1. 申込みの内容から属性をチェックする
  2. 返済能力・信用性をチェックする

となっているんです。
両者も審査の基本となっていて、金融機関では一定の審査項目を確認して、審査の合否を決めています。またそれだけでなく、利用者の借入可能額も同時に決定しているのです。

 

そんな借入の重要な手続きである審査のチェック項目の詳細は以下を参考にしてみてくださいね。

 

申込みの内容からチェックする属性とは何?

属性とは、申込みをする人の情報のことを言います。
たとえば、

  • 生年月日・年齢
  • 住所・電話番号
  • 勤務先の電話番号
  • 年収
  • 勤続年数・勤務体制(正社員・パート・アルバイトなど)
  • 住居環境(持ち家・賃貸)
  • 住宅ローン・家賃の金額
  • 家族構成
  • 他社からの借入の有無(件数・金額)

などの項目となっていて、これらの情報をスコアリングシステムにより点数化して審査結果に反映されると言われているんです。

 

また本人確認のために、身分証明書となる運転免許証や健康保険証、パスポートを必要書類として提出する必要があり、これらの書類と申込みに記入した内容に嘘や間違いがないかをチェックしています。

 

勤め先となる会社への在籍確認が実施されている

お金を貸す金融機関では、本当に申込みで記入した会社に勤務しているかを確認するために、勤め先となる会社に電話連絡をする「在籍確認」を実施しているんです。

 

在籍確認で勤め先に金融機関が電話をかけた時の流れとは、

  1. 「○○(個人名)ですが、●●さんはいらっしゃいますか?」
  2. 「(会社の同僚が電話に出た場合)●●は今席を外しております」
  3. 「そうですか、それではまた電話します」

ということになり、電話を切って在籍確認は終了します。

 

銀行の場合は銀行名を名乗ることが多いようですが、消費者金融の場合は個人名を名乗ってくれるので、安心です。また在籍確認の電話に本人が出た場合は、在籍確認はその場ですぐに終了することが多いようです。

 

 

 

 

 

 

審査は増額申請の際にも実施される

無事に審査に通り、希望の金額を借入できた後に待っているのは返済ですね。

 

返済には返済期日があり、決められた日までにきちんと返済をしている場合と、いつも督促の電話が来てから返済する場合とでは、金融機関が受ける印象は全く違ってきます。

 

初めの審査で決定された利用可能額は、実は契約から6か月ほど経つ頃に増額できることもあるんです。

 

その際にも審査が実施されるのですが、返済が遅れている場合には増額する事ができない場合もあるので、「審査に通ったらこっちのもの!」とは考えずに、後々の為にも返済はきちんとするべきですよね。

 

また長期に渡って返済に遅れることで信用情報にキズをつけることにもなるので、そういう意味でも返済日には注意が必要となります。