即日借入をするなら最短1時間融資の大手サービス

「即日での借入するなら絶対に銀行カードローン!」ではなく他のサービスのほうがより有利なところがあります。理由は、大手の有名なカードローンサービスには「最短1時間融資」「無利息借入サービス」を行っているところがあるからです。

 

即日でお金借りるならまずはプロミス!

↓事前の3秒診断と最短1時間融資が人気↓

大手だから安心感は抜群!最短1時間融資。

プロミスはテレビCMでも有名な大手の借入サービスですから、個人情報などの取扱も完璧にしてくれるので、初めてお金を借りる人にとっても安心感抜群のおすすめサービスです。申込みから借入まで最短1時間融資というスピードもおすすめの理由です。

 

無利息期間が長いから有利

無利息でお金を借りれるサービスとしておすすめなのが大手カードローンのプロミスです。アコムなども無利息キャッシングを行っていますがプロミスは「実際にお金を借りた日の翌日から無利息期間がはじまる」ので実質的に無利息期間が他のサービスよりも長く設定されています

 

(無利息サービスの詳細はプロミス公式サイトでご確認ください)

 

限度額は1万円から500万円

プロミスの借入限度額は1万円から500万円となっており、まとまったお金の借入先としても適しています。

 

借り入れ可能か簡単3秒診断が人気

おすすめポイント
  • 来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング
  • 土日祝日24時間申込可能
  • 最短1時間融資のスピード感
  • 初回ご利用日翌日から30日間と他のサービスよりも無利息期間が長い

(※メールアドレスとWEB明細の登録で30日間無利息)

 

 

即日借り入れ可能な安心サービスを利用しよう!

明日はサークルでお金が必要なのにバイト代が入るまで金欠で厳しい学生、急に出張が決まったせいで旅費を立替える余裕がないサラリーマン、給料日まで食費が足りないパート主婦など、次の給料日までお金が足りなくて困っているという方は多いことでしょう。

 

日本では労働基準法で毎月決まった日にちに給料を貰えることが保証されています(→厚生労働省HP「知っておきたい働く時のルールについて(第3章)」。ブラック企業でない限りその日までの我慢という場合もありますが、金欠の時には次の給料日が非常に遠く感じるものですよね。

 

個人事業主の方ならば、取引先から入金があるまで事業資金が一時的に足りないということもあるでしょう。

 

生活費や事業費などが不足して給料日まで間に合わない時には、その日までの繋ぎとして借金で必要なお金を即日工面するという方法もあるのです。

 

借金を頼む先として真っ先に思い浮かぶのは、親しい人などの個人かも知れません。ただし、どんな間柄であってもお金のこととなれば話はまた別ということもありますよね。

 

即日でお金が必要な時には、身内などの個人に借金を頼むと「今すぐには無理」と断られる可能性もあるため、安心して借入ができる金融機関を頼るのがおすすめです。

 

安心して利用できるキャッシングサービスにも、即日で借入可能な所はあります。
【参考:早い・簡単・安心借入

 

即日で借入したいけど色々と心配!(金利や審査など)

初めて金融機関から借入する人が今すぐお金借りたい時、まず思うのは即日で借入可能な金融機関はどこかということかも知れません。

 

更には、即日融資だけでなく低金利でお金を借りれる場所や、自分が審査に通ることができるのかということも知りたいところでしょう。

 

初めてキャッシングを利用する時には何かと心配が多いものですので、以下では金利や審査の通りやすさを含めた最短即日で借入する方法について解説しています。

 

安心安全に最短即日で借入できる所とは?

お金が足りなくて困った時の借入には、親や友達などの個人以外にも多くの場所があります。金融機関や国・市役所などの公的機関が主となりますが、中には危ない金融業者も含まれているため注意が必要です。

 

金欠時に借入ができる場所

借入できる場所 キャッシングサービスや融資の内容
大手の消費者金融 テレビCMでも有名なプロミス・SMBCモビット・アコムなど
中小規模の消費者金融 街金とも呼ばれるフクホー・ライフティ・セントラルなど
銀行 大手(三井住友銀行や三菱UFJ銀行・みずほ銀行・りそな銀行)の他、新生銀行などの地方銀行、楽天銀行などのネット銀行のカードローン
クレジットカード会社 三井住友VISAカード、楽天カードなどのキャッシング利用枠
低所得者・障害者・高齢者の世帯に対する貸付け(→厚生労働省HP「生活福祉資金貸付制度」、ひとり親世帯への貸付け(→厚生労働省HP「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」などの公的融資
勤め先の会社 給料の前払い(→厚生労働省HP「労働基準法第25条(非常時払)について」、社内貸付制度など
闇金 トイチ(10日に1割)やトゴ(10日に5割)などの法外な金利を取る悪質な金融業者(絶対に利用してはダメ)

確かにお金を借りるだけであれば意外にも多くの選択肢があるのですが、安心安全に借入ができることや即日借入を希望する場合だと、利用できるのはある程度限られた場所のみとなってしまうのです。

 

安心安全に即日融資が受けられるのは、以下の所となります。

安心安全に即日でお金を借りれる所

  • 1.大手消費者金融
  • 2.中小規模の消費者金融
  • 3.銀行
  • 4.クレジットカード会社

 

知名度の高い大手消費者金融

大手消費者金融ならばテレビCMの他、電車の中吊り広告などでも宣伝していて有名なため、多くの人が利用しています。皆が借りている所なら安心して借入できますよね。更には、ほとんどが大手銀行と関係のあるキャッシングサービスであるため、安全にお金を借りることもできるのです。

 

審査や対応もスピーディなため、申し込みから借入れまでを即日で行うことも可能です。最短30分の審査回答が期待できるのは、多くのスタッフが揃っている大手キャッシングサービスのメリットと言えます。

 

少しだけ審査が甘い中小規模の消費者金融

消費者金融には大手だけでなく、知名度の低い地域密着型のキャッシングサービスもあります。中小規模の消費者金融は、世間では「街金」とも呼ばれていて、ブラックな金融業者と間違われることもあるようです。

 

街金融と闇金融は同じと考えている方もいると思いますが、その言葉の響きとは違い貸金業の正規登録をしている所であれば闇金ではありませんし、安全性については大手と変わりありません。

 

知名度の低い金融会社の場合だと新規の利用者を取込みたい思いからも、審査基準が大手より少しだけ甘くなっていることも多いようです。大手の審査に落ちた場合には、中小消費者金融で審査を受けてみるのも良いでしょう。(以下の動画を参照)

 

(出典:YouTube「審査の甘い中小消費者金融」

 

ただし、規模が小さいためスタッフの数も少なく、審査回答までに時間がかかる場合もあるでしょう。審査が甘いからといって必ずしも即日借入できるとは限りません。

 

低金利で即日お金を借りれる銀行

低金利な所からお金を借りたいのであれば、大手の平均で4.5%〜18.0%の間になっている消費者金融よりも、4.0%〜14.0%が平均となっている銀行カードローンの方が借入しやすいと言えますよね。

 

銀行の他にも農協、信用金庫、労金なども低金利で借入できるため、消費者金融の金利よりお得になっています。

 

更に即日借入が希望であれば、大手の消費者金融が審査を行っている銀行カードローンの利用がおすすめです。

 

ただし、銀行カードローンで即日融資を受けたい場合には、その銀行で預金口座を持っていたり、自動契約機から即日カード発行ができる場合に限られることも多いです。

 

金利の低さだけを優先する場合には、即日での借入ができないこともあるということは予め理解しておく必要もあるでしょう。

 

クレジットカードのキャッシング利用枠で即日借入

消費者金融や銀行と同じように、カードを利用してクレジットカード会社から即日で借入することも可能です。ただし、クレジットカードでキャッシングする場合には2つの条件があり、そのどちらにも当てはまる必要があります。

クレジットカードで即日借入するための条件

  • 1.事前にクレジットカードが発行されている必要がある
  • 2.クレジットカードにキャッシング利用枠が設定されている

クレジットカード会社から即日融資を受けることができるのは、以前からカードを持っていて、尚且つキャッシング枠が付与されている場合に限られます。

 

クレジットカードの現金化は絶対にダメ!

クレジットカードを利用するお金の借り方として、カードの現金化という方法もあります。クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を借りる方法のことですが、リスクが大きいのも事実です。

 

カード会社の規約違反となり強制退会となる恐れがあること、買取屋(参考:金融庁HP「違法な金融業者にご注意!(5) 悪質な業者の例」という詐欺業者にダマされる危険もあり高い手数料を取られる場合が多いことから、カードの現金化は決しておすすめできません。

 

借入の申込みで審査に通ることができる人とは?

「借入の審査に通ることができる人ってどういう人?」という疑問もあると思いますが、実際には学生・主婦・フリーター・個人事業主の方でも借入の審査に通ることは可能です。ただし、どんな人であっても一定の審査項目の基準をクリアする必要があります。

 

審査でチェックされるのは、以下のような項目となっています。

キャッシング審査でチェックされる項目

  • 継続した安定収入があること
  • 未成年でないこと(20歳以上69歳以下など年齢制限アリ)
  • 他社からの借入の有無
  • 過去に返済の延滞や債務整理などがないか

審査では、継続して毎月安定した収入がある、20歳以上であること、他社からの借入件数や金額が多くないこと、ブラックリストに載っていないことが重要となるのです。

 

申込みフォームに入力する項目は「属性」として重要な審査項目となるので、嘘や入力ミスは絶対に避けるようにしましょう。

 

万が一申込みの内容が事実と違っていることが分かると、審査に通らない・申込みを取消しされることもあるので、どんなに気持ちに余裕がない時でも、「正直・慎重」を心掛けるようにするべきですね。

 

主婦の借入は年収の額で変わる

基本的に、どんな人であっても安定した収入があることが借入を利用するための条件となっています。ただし、主婦の場合では年収の額によって借入できる場所が違ってくることもあるのです。

 

主婦の場合には年収の多い少ないではなく、「年収が0円である、0円よりも多い金額である」の内、どちらであるかが借入できる場所の分かれ目となります。

主婦が借入できる場所のポイント

  • 年収が0円である主婦:銀行カードローン
  • 年収が0円より多い主婦:銀行カードローン、消費者金融、クレジットカード会社

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠など、貸金業のサービスから借入する場合には総量規制という法律が関係してくるのですが、年収の1/3以下がその人の借入可能額となるため、年収が「0円」である場合は基本的にお金借りることはできません。

 

銀行ならば総量規制対象外(参考:金融庁HP「貸金業法Q&A (3) 総量規制の対象となる貸付け」となるため、収入が0円の専業主婦の方も旦那さんに安定収入があれば借入できるのです。

 

一方、年収が0円よりも多い場合には、主婦の方でも銀行のローンだけでなく消費者金融などの貸金業サービスでお金を借りることができます。

 

主婦の方は旦那に内緒で即日借入したい、誰にもバレないでキャッシングしたいと思うことも多いでしょう。銀行や正規登録の消費者金融ならば、借入が他人にバレることのないような対応をしているので、安心ですよ。

 

即日借入で注意したいのは重複する申込み

「どうしても即日で借入したい!」という時、審査に通らなかった場合の保険でいくつかのキャッシングサービスに申込みしておこうと考えてしまうのは、どんな方でも同じかも知れません。

 

審査落ちした場合の保険は、反対に審査に通らない原因になることが多いため注意が必要です。

 

初めてキャッシングの申込みをする方は、「申込みブラック」という言葉を聞いたことがないかも知れません。申込みブラックとは、一度にいくつもの金融機関に借入の申込みをすることにより審査に通りにくくなってしまうことを言います。

 

申込みの履歴は個人信用情報機関に登録されるため、申込んだ金融機関が違っていても重複した申込みがバレることになるのです。

 

申込みは1か月以内で何社までが望ましいの?

申込みブラックにならないために重複した申込みは避けたいものです。具体的に1か月での借入申込みは何社までが望ましいかと言えば、2社までとなります。

 

既に申込みブラックになってしまった自覚のある場合には、6か月ほどの期間を開けることで信用情報機関の記録が消えるとなっているため、それまでは何とか身内にお金を借りるなどして、金欠の状況を乗り切るしかないかも知れません。(参考:CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)HP「CICが保有する信用情報」

 

切羽詰って「ブラックOK」などと謳っている金融業者で借りてしまうと、そこはヤミ金だったということも良くあるので、ブラックでも簡単にお金を貸す業者では借りないことは重要ですね。

 

即日だけでなく無利息で借入できれば更に便利!

金融機関から即日借入ができれば、急な出費で困った時にも安心ですよね。ですが、金利が気になるという方も多いでしょう。できることなら無利子でお金借りたいところかも知れませんね。

 

「金融機関で借入するのに無利子なんてあり得るの?」という声が聞こえてきそうですが、実は初めての利用に限り一定期間だけ無利子で借入できる金融機関もあるのです。

無利息借入れが可能な金融機関

  • プロミス:30日間無利息、メアド登録・Web明細利用が条件
  • アコム:30日間無利息、35日ごとの返済が必要
  • アイフル:30日間無利息
  • レイクALSA:30日間無利息、5万円まで180日間無利息のどちらか選択
  • ノーローン:1週間無利息、完済の翌月も1週間無利息
  • フタバ(中堅消費者金融):30日間無利息
  • ライフティ(中堅消費者金融):35日間無利息
  • ベルーナノーティス(中堅消費者金融):14日間無利息
  • セントラル(中堅消費者金融):30日間無利息
  • ニチデン(中堅消費者金融):100日間無利息
  • 静岡銀行カードローン「セレカ」:45日間無利息
  • ジャパンネット銀行ネットキャッシング:30日間無利息
  • 楽天銀行スーパーローン:30日間無利息、楽天銀行口座開設と楽天銀行スーパーローンの同時申込みの個人であることが条件

大手・中堅消費者金融と銀行のキャッシングを合せると、一定期間無利子で借入可能な金融機関は意外にも多いです。ただし、どんなキャッシングサービスを利用する場合でも注意したいのが返済を延滞した場合、無利息期間が終了となってしまうということです。

 

無利息期間中でも借入のタイミングによっては返済日が来ることもあるので、返済期日まで必ず返済するようにしましょう。