即日借り入れ可能な安心サービスを利用しよう!

明日はサークルでお金が必要だけどアルバイトの給料日まで厳しいという学生、急に出張が決まったけど旅費を立替える余裕がないというサラリーマン、給料日まで食費が足りないというパート主婦など、お金が足りなくて困っているという方も多いと思います。

 

そんな時、どうしたら良いでしょうか?
もちろん、誰かに無利息で借入できるなら良いのですが、どんなに親しい間柄でもお金の話となれば、また別ということもありますよね。

 

それに即日でお金が必要な時には、身内に借金を頼むにも時間がないし、今手持ちのお金がないと言われることもあるでしょう。

 

お金がなくてピンチ!というときに頼りになるのが金融機関からの借入です。キャッシングサービスの中には即日でも借入可能なところもあるんです。
【参考:早い・簡単・安心借入

 

即日で借入したい。でも色々と心配!(金利や審査など)

今すぐお金借りたいという時、初めて金融機関から借入する場合には「即日で借入可能な金融機関はどこ?」と思うことでしょう。

 

また「低金利でお金を借りれるところはどこ?」ということも思うかも知れませんね。

 

さらに「自分は審査に通ることができるのかな?」と不安になることもあると思います。

 

ココではそのような疑問に答えていきますね。

 

最短即日で借入できる所とは?

お金が足りなくて困ったというとき、借入できる所と言えば

  • 大手の消費者金融
  • 中小規模の消費者金融=街金
  • 銀行
  • クレジットカード会社
  • 国(生活保護で不足する場合の公的貸付けなど)
  • 勤め先の会社
  • ヤミ金(絶対にダメです)

などがありますよね。

 

それでは安心して即日で借入できる所と言えば

  • 大手消費者金融
  • 中小規模の消費者金融
  • 銀行や農協など
  • クレジットカード会社

と、大分選択肢が少なくなってしまうんです。

 

大手消費者金融と言えばプロミスやアコム、モビットなどがCMでも有名であり人気となっていて、大手銀行とも関連しているキャッシングサービスであるため、安心してお金を借りることができます。

 

そして迅速な審査と対応により、大手では申し込みから借入れまでの時間が短くなる可能性が高いというメリットがあるんです。

 

中小規模の消費者金融は世間では「街金」と呼ばれている金融サービスですが、言葉の響きとは違い貸金業の正規登録をしているので、安全性については大手と変わりありません。

 

銀行で即日借入を希望する場合、その銀行で預金口座を持っていたり、自動契約機から即日でカードを発行できる場合には今日中にキャッシングできる可能性があるんです。

 

またクレジットカード会社から即日で借入するには、以前からカードを持っていて、尚且つキャッシング枠が付与されている場合に限られます。

 

即日でお金借りることができる所は金利が高い?

「即日でお金借りることができる所は便利だけど、金利が高いのでは?」と思う方は多いと思います。

 

銀行の即日借入については、銀行口座の保有の有無や数少ない銀行の自動契約機の利用が条件となることが多いので、即日でお金を借りたい時に銀行を利用するのは、余りおすすめとは言えません。

 

一方、大手の消費者金融では審査や借入の時間が銀行よりも短い傾向にある上に、自動契約機が設置されているので、即日で借入れしたい時には最もおすすめのキャッシングサービスと言えます。

 

ただし、そこには金利の差があるのは確かです。
消費者金融の金利は4.5%〜18.0%の間になっていますが、銀行カードローンの金利は4.0%〜14.0%が平均的となっているため、金利だけを見るならば銀行の方が借入しやすいと言えますよね。

 

 

 

 

 

 

借入の申込みで審査に通ることができる人とは?

「借入の審査に通ることができる人ってどういう人?」という疑問もあると思いますが、実際には学生・主婦・フリーター・個人事業主の方でも借入の審査に通ることは可能です。

 

審査でチェックされるのは、

  • 一定の年収があること
  • 未成年でないこと(20歳以上69歳以下など年齢制限アリ)
  • 他社からの借入の有無
  • 過去に返済の延滞や債務整理などがないか

などです。

 

申込みフォームに入力する項目は「属性」として重要な審査項目となるので、「嘘や入力ミス」は絶対に避ける必要があるんです。

 

万が一申込みの内容が事実と違っていることが分かると、審査に通らない・申込みを取消しされることもあるので、どんなに気持ちに余裕がない時でも、「正直・慎重」を心掛けるようにするべきですね。

 

主婦の借入は年収の額で変わる

主婦の借入については、他の属性の方とは違い注意が必要となります。どこで借入できるかは年収の額によって変わってくるんです。

 

と言っても、年収の多い少ないではなく

  • 金額に関わらず収入がある
  • 0円

のどちらに当て嵌まるかにより、借入できる金融機関が異なります。

 

金額に関わらずパートなどで一定の年収がある場合、消費者金融などの貸金業でお金を借りることも可能です。

 

貸金業のサービスから借入する場合、「総量規制」という法律が関係してくるのですが、年収の1/3以下までがその人の借入可能額となるため、年収が「0円」である場合は基本的にお金借りることはできないんです。

 

また銀行ならば総量規制対象外となるため、収入のない専業主婦の方も借入は可能ですが、限度額は少な目になることが普通です。

 

ところで主婦の方は旦那さんに内緒で借りたい、誰にもバレないでキャッシングがしたいと思うことも多いでしょう。それでも銀行や正規登録の消費者金融ならば、借入が他人にバレることのないような対応をしているので、安心しても大丈夫と言えます。

 

即日で借入したいときに注意したいことは?

どうしても即日で借入したい!と思うと、審査に通らなかった場合の保険でいくつものキャッシングサービスに申込みしておこうと考えるのは、どんな方でも同じと言えるでしょう。

 

それでもそれが返って審査に通らなくなってしまう原因にもなるので注意が必要なんです。

 

「申込みブラック」という言葉は、初めてキャッシングの申込みをする方は聞いたことがないかも知れませんが、一度にいくつもの金融機関に借入の申込みをすることにより、審査に通りにくくなってしまうことを言います。

 

申込みの履歴は個人信用情報機関に登録されるため、申込んだ金融機関が違っていても、審査の際に信用情報の照会をする時に重複した申込みがバレることになるのです。

 

申込みは1か月以内で何社までが望ましいの?

申込みブラックにならないためには、1か月以内の申込みは何社までが望ましいかと言えば、「2社まで」となります。

 

また既に申込みブラックになってしまった?という自覚がある場合は、6か月ほどの期間を開けることで信用情報機関の記録が消えると言われています。

 

それまでは何とか身内にお金を借りるなどして、過ごすようにすることをおすすめします。

 

切羽詰って「ブラックOK」などと謳っている金融業者で借りてしまうと、それがヤミ金だったということも良くあるので、ブラックでも簡単にお金を貸す業者では借りないようにすることは重要ですね。

更新履歴